赤ニキビは潰しても大丈夫?

赤ニキビは潰してはいけません。そうすると、しばらくしてから、シミのような形でニキビ跡が出来てしまう可能性が高くなります。赤ニキビを潰すと、肌を傷つけたり、圧迫させることになります。潰してよいのは、白ニキビの場合だけで、症状の段階で一番初期段階だからです。白ニキビを放置しておくことで、赤ニキビに重症化しやすい場合、潰す場合があります。もっとも潰す際には、衛生的に清潔でないとダメで、細菌を侵入させないよう、潰した後、しっかり消毒しないといけません。ニキビを潰すか潰さないかは、いずれにせよ、専門的な知識がないと判断できないので、専門医に任せることです。どんなニキビであっても、自分で潰すといった処置はタブーです。赤ニキビは、絶対に潰しては駄目で、跡が残ってしまいます。白ニキビなら、ある程度、潰しても問題はないのですが、赤ニキビの場合は、跡になってしまうので、絶対に潰さないことです。赤ニキビになってしまったら、市販のニキビ用の薬では効果が出ないので、皮膚科へ行くのが一番です。素人療法は禁物で、専門家に任せれば、ニキビ痕も段々薄くなって、目立たなくなります。